やっぱり純正が安心できます。

年賀状シーズンをはじめ、旅行に行ったり子供の運動会があったりすると、一度に大量の写真やカラー印刷をすることで、思わぬ早いスピードで減っていくインクカートリッジ。プリンターそのものは昔に比べると驚くほど安くなったけれども、カートリッジは1000円近くするのでコストがバカになりません。

どうしたものかと悩んでいたのですが、見つけました。純正カートリッジのインクを補充するタイプと、互換性のある廉価版インクカートリッジ。まずは補充するタイプを試したのですが、正直なんの遜色もなく使うことができて、そして価格は半分以下。なんてお得になるんだろう!とびっくりしていたら、3ヶ月ほど使っているとプリンタが動かなくなってしまい、そのままプリンタが故障してしまうというハプニング。

たまたまそのタイミングだったのか、補充するカートリッジから悪影響が出たのかは分からずじまいですが、プリンタも安いとはいえもったいないので、補充タイプはそれから二度と使わないことにしました。その流れで互換性のあるカートリッジにも挑戦したいのですが、故障が恐ろしくてメーカー純正を利用しています。価格は高いけど安心して安定した出力を楽しめますから。